小さいなりに海水水槽

底面&外部フィルターでいろいろやってみるマリンアクアリウム

Zeni-Naiyoに影響を受けてみた(3)底面フィルター間欠運転でも十分

底面の間欠運転いいよ、どんどん硝酸塩が減る。
NO3-PO4-Xも前は0.2mlを一日2回(合計0.4ml/30L・1日)
入れて硝酸塩1-2ppmほどで、0に近づかれるには一日に
合計1ml以上は入れなくてはいけなかった。
でも底面間欠運転を本格的に始めてからは
一日0.2mlにしても硝酸塩が検出されない。
(怖くて0には出来ないのだけど、さすがに炭素源足りないよね。)
2016-06-19-17-43-15
 

本格的な間欠運転と書いたけどいくつか水槽の変化もあった。
まず、どうしても底砂を巻き上げ、クマノミの白点を起こしてしまう、
オトメハゼを水槽から釣り上げてどかした。
(オトメハゼ、最初は丁度良かったんだけどうちの30cmには大きくなりすぎた。)

そしてこれは予想外だったんだけど底面回してたポンプが壊れた。
これは僕のせいもあるかも知れなくて、12Wのポンプに12V-1Aの
ACアダプターで動かしてたんだけど、ある日触ったら、
ACアダプターが熱くなっててそれから3~4日したら、ポンプが止っちゃった。
そこで新しいポンプを注文し、その間はコーナーパワーフィルターの
ポンプで動かしてた。そしてポンプが届いたら、今度は
ちゃんと余裕のある12V、2AのACアダプターを使った。
でもなぜか、前と同じポンプ使ったのにやたら、水流が強い。
(これ、前は電流足りなかったよね・・・。)
でも、水流が強すぎる。これ微妙に還元脱窒してた所まで
水流入り込んでいるほどだ。


そこでこれをきっかけに完全に、なんちゃってZeni-Naiyoにしようと思った。
どういう風にしたら良いか、考えたんだけど、
まず、水流はがっつり強い、
うちのタイマーがダイヤル式でなく、マイコン式で3時間おき一日8回の
ON、OFFは設定できない、でもON,OFFが15分ごとでもない。
ということでとりあえず、試しで4時間ごとの底面水流ONで
一回のONは10分にしてみた。

すると、大成功1~2ppmあった硝酸塩はさっくりと検出されなくなった。
さらにNO3,PO4-Xも0.2ml/30L・1日で済むようになった。
しかし、硝酸塩0を続けていたら、ブレインコーラルの"アンジー"が
いじけてその名前の由来のプックプクさがなくなって、激やせアンジーになった。
プックプク・アンジー
激ヤセ・アンジー
ただ、2日ほど様子を見ていると、適応できたのか、
またプックプクアンジーになった。これで行けるかな。

2016-07-23-13-10-04

 

生体は
ホワイトチップアネモネフィッシュ 1匹
カクレクマノミ 1匹
イエローコリス 1匹
パープルクィーンアンティアス 1匹
スポッテッドマンダリン 1匹
スマイリーブレニー 1匹

無脊椎
ホワイトソックス 1匹
イソギンチャクモエビ 4匹
マガキガイ 1匹
もぐる貝 3匹
コシダカガイ 3匹

餌は一日一回冷凍ブラインシュリンプ ミニキューブ、一回メガバイト耳かき2杯。

30cmとしては過密だし、餌も多すぎなんじゃないかな。
良く回っていると思う。

オトメハゼ、暴走→確保。

うちの水槽の底砂が立ち上げて2週間で真っ茶色になったのを
助けてくれたのはオトメハゼだった。いれて2日で表面はきれいな白になった。

最初のオトメハゼ5cmはヒーターが暴走し、沸騰したときに
落ちてしまった。底砂がすぐに汚れ出すことはなかったんだけど、
心配だったから、Naturalさんにいた少し大きめの6cmくらいのが
見つかり、すぐに入れた。

image
 

おかげで底砂はきれいなままなんだけど、
この前のなんちゃってZeni-Naiyoからちょっと問題が。。。

土木工事が酷く過ぎるんですよ。(--;)
ライブロックの側に山作っては、飽きたのか、
今度は凹んだところを盛り上げて山を作ってる。
それでマガキ貝が埋もれるくらいならよかったんだ。
(暗くなると出てくるし)

ある日ヒーターを埋めだした。
うちのヒーターは後ろの砂上に配置してあって、
海道河童から出た水流が当たるところにある。
でも、そのヒーターが見事に砂に隠れていた。

幸い、ヒーターが働くことがないくらい温かくなって、
クーラーがバリバリ動くくらいだから、多分ヒーターは
稼働していなかったんだと思うけど、これはまずい。


とりあえず、ヒーター付近の砂をどかし、ヒーターは出したけど。
(これがまたやばかった。)
オトメハゼがこのままではやばい。
そこでオトメハゼだけど取り出すように、釣ることにした。

ホームセンターでタナゴ用の針、糸、浮きがセットになっている
やつが200円ちょっとで売ってたからそれを買ってきて、
しっかり針の返しを潰した。(返しが小さくて見にくかったよ)
2016-05-26-17-14-52
 
餌はあまり与えた事が無かったけど、前試しにあげたら、
爆食いしてた冷凍赤虫をつかった。
2016-05-26-17-16-43
 

試しにと目の前に糸を垂らしたら、
2,3秒で赤い赤虫が見えなくなった。
あれ、餌落ちたかかなと引上げてみたら、
なんとオトメハゼまで着いてきた。

前、ベラを取り出すために罠を作ったときに比べて
なんとも簡単だった。
オトメハゼはまたショップに引き取ってもらおうかな。
底砂対策どうしよう・・・。



と、話はここで終わらなかった。
ヒーターを底砂から取り出す際に結構底砂を巻き上げた。
多分これが行けなかったんだが、
翌日ブラッククラウンが落ちてた。

表面に白点は見えなかったんだけど、
なんちゃってZeni-Naiyoを試していたところで、
底面がフルに回っていなかったこと、
少し前に白点が再びついていたこと、
住処のLTアネモネやライブロックに体こすりつけてたし、
やはり底砂を巻き上げたときに白点が悪化したんだと思う。
それにしてもたった一日でそれまで元気だったのが、落ちるのか。
小さな水槽に、小さな魚はむずかしいな。
このブラッククラウン、LTアネモネに住み着いてて
かわいかったんだけどなぁ。かわいそうなことになっちゃったよ。

2016-05-14-11-28-15

2016-05-06-19-28-32


 

Zeni-Naiyoに影響を受けてみた(2)硝酸塩0はいける

最初何も考えずに底面フィルターの間欠運転だけを行ったときは
オトメハゼの砂の巻き上げによって、水は汚れるわ、
白点は再発するわで、中断せざるを得なかった。

それから2週間くらいして気付いた。
オトメハゼ暗くなると寝るな。

うちは12時から20時にライトを全灯し、20時から21時は
青系のライトだけ2%だけで付けている。
青の時間はなんとなくサンゴの蛍光色を楽しんでいるんだけど、
オトメハゼはどこかに隠れて見えなくなる。

うん、その時間だけ間欠運転やってみよう。

底面のポンプは念のため、21時に止め、
0時、4時、8時、それから12時~21時は連続運転にした。

まず1日目の朝、その前の日に限ってサンゴにマイクロ・ブラスト
撒いたせいか、なんと亜硝酸が少し検出され、硝酸塩も微妙に増えたように見えた。
心が折れそうになったが、もうちょっと続けてみた。
2016-05-24-12-16-52



2日目の朝、亜硝酸は検出されず、硝酸塩は前と同じレベルになった。
2016-05-27-10-57-45
 

3日目の朝、変わらず。

4日目の朝、硝酸塩減ってきた!
2016-06-19-17-43-15
 

5日目の朝、硝酸塩が続けて減っている。

なんちゃってZeni-Naiyo、これは行けるかもしれない。

ギャラリー
  • Zeni-Naiyoに影響を受けてみた(3)底面フィルター間欠運転でも十分
  • Zeni-Naiyoに影響を受けてみた(3)底面フィルター間欠運転でも十分
  • Zeni-Naiyoに影響を受けてみた(3)底面フィルター間欠運転でも十分
  • Zeni-Naiyoに影響を受けてみた(3)底面フィルター間欠運転でも十分
  • オトメハゼ、暴走→確保。
  • オトメハゼ、暴走→確保。
  • オトメハゼ、暴走→確保。
  • オトメハゼ、暴走→確保。
  • オトメハゼ、暴走→確保。